院長よりごあいさつ

仕事しすぎていませんか?

院長 樋渡聰介

身体の痛みや不調は蓄積された疲労から来るものがほとんどです。 私は前職の大工をしていた頃、仕事をし過ぎていました。その結果、身体はボロボロになり不健康そのものでした。そしていつの間にか身体の辛さは、心からゆとりを無くし、いったい何のために働いているのか解らなくなりました。 そんな生活に疑問を感じ、身体を治せる鍼灸の世界に入ったのです。

私自身が体感した回復への道のり

しかし、身体へのダメージは思ったよりも深く、芯に残ったモノが取れないようで、体調がいいと言える状態ではありませんでした。ですが、これも勉強だと思い、自分自身が色々な治療を受けて行く中で、鍼灸と整体を組み合わせる方法が最も効率よく身体が回復する方法だと身をもって体験したのです。 この体験から私は身体の表面的な所だけでなく、身体の奥の芯に残っている疲労を取る事が重要と考え、その治療を学び、10年以上続けてきました。

身体の奥の芯に残っている疲労を取る治療

患者さんには表面的だけでなく身体の芯に残っている疲労も無くし、毎日の身体の辛さや痛みを気にする事なく、身体の奥に潜んでいるこれからのトラブルも防ぎ、安心して毎日を過ごしてもらえるよう、治療に当たらせてもらっています。 『心にゆとりを持ち気持ちの良い身体で、充実した日々を送れるようになって行きたい』 と、少しでも思ったのなら当院の治療を受けてみませんか? きっと、お力になれると思いますよ。

鍼灸・整体院ひわたし 院長 樋渡聰介