梅雨の腰痛【7月12日(火)の予約状況】

7月12日(火)
『梅雨に腰痛が悪化する理由』

神戸中央区 三宮 はり、きゅう、整体の【 鍼灸・整体院 ひわたし】の院長 樋渡です。
いつもありがとうございます♪

梅雨に入って何かとジメジメした日が続きますね。
そうなると腰痛での来院患者さんが増えてきます。

なぜなのでしょうか?

cd4dbf0d9978f5e4790523f4666751d9_m

それは内臓の冷えからの腰痛という事が起こりやすくなるからなんです。

ジメジメした気温では何とも身体がけだるくしんどく感じますよね。

そうすると、チョッと冷たいものが欲しくなってきます。

そこで冷たいジュースやビール、アイスなどを口にする機会が増えていってしまいます。

すると、冷たいものが身体の中に入って体を内側から冷やしてしまうんですね。

思い当たる節がある方はちょっとお腹を触ってみてください。
お腹の体温が冷たくなっていませんか?

身体が冷えると血流が悪くなる事はみなさんご存知だと思います。

お腹の内側が冷えて血流が悪くなると、お腹と繋がっている背中側の腰の周りの血流も悪くなってしまうんですよ。

なので、腰の筋肉の血流も悪くなり腰痛を感じやすくなるんですね。

この場合は冷やすよりも温めて上げる事がお家でできる対策となります。

冷たいものをとってもお腹を壊さないけど腰痛もちだという事はありませんか?

もしそのような方はお腹の冷えが腰に回って痛くなったりしているのかもしれませんね。

 

このような患者さんの場合、当院では施術で痛みをとった後に

『腰と同時にお腹も温めてあげましょう』というお話をします。

具体的にはお湯に浸かってくださいという入浴の仕方なのですが、毎日が忙しいとシャワーで済ませてしまう事もあるかと思います。

お湯を張ってから湯が冷めないうちに入らないといけないので準備に手間がかかるものですからね。

でも出来ればゆっくりお風呂で足元からみぞおち辺りまで浸かってじんわり温めてあげてください。
毎日じゃなくとも週に2~3回くらい温めてあげると内側から冷えた身体も温まって腰痛を気にしなくてよくなりますよ。

 
それでは今日も健やかにお過ごしください♪

 

 
【12日(火)の予約状況】
本日あと2名様(新規の方1名様)まで
ご予約はお電話にてお願いします♪

Tel 078-381-5635

※当日予約の場合、ご希望の時間に予約をお取りになるのは難しいと思われま す。なるべく前日までにご予約いただく事をお勧めいたします。
しかし、急な腰痛やさっき足首を捻ったなどの急性症状にはなるべく対応いたします。
 
※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもお電話を取ることができませんので、必ず診療日、受付時間内にお電話くださいませ。

※予約の変更もなるべく前日までの受付時間内にお願い致します。
 皆様がスムーズに治療を受けられるようにご協力ください。

《ご予約受付時間》
【月火水金】10:00~21:00
【土】 10:00~15:00
【休診】 木、日、祝
となりますのでご注意ください。