肩関節の痛み【本日の予約状況】

1月23日(月)

おはようございます。院長 樋渡です。
いつもありがとうございます♪

先日神戸市灘区からお越しの30代女性患者さん。
左肩の関節の痛みでお悩みでした。

肩の関節に痛みがある場合、多くは肩こりも同時に発生している事がよくあります。
肩こりがきつくなってくると肩の関節に悪い影響を与えてしまい、関節の動きが小さくなってしまいます。

その結果、肩の関節を動かしたときに、違和感や痛みを肩に感じる事がよくあります。

ですので肩こりを改善することがとても重要になってきます。
そしてなんと、この方の肩こりの原因は腰の筋肉にありました。

腰に痛みやだるさ、しびれなどの何か症状を自覚されているわけではなかったのですが、腰の筋肉は硬くなっていました。
ちょっと筋肉を押しただけでも「あ、痛ててっ」とつい言ってしまうくらい硬くなっていたのです。

腰の筋肉はとても大きく力も強いので、疲れがたまって硬くなっていても痛みを感じるレベルになで至っていないことがよくあります。

なので硬くなっていてもあまり自覚が無い場合が多くみられるんですね。

この方の場合は腰の筋肉が硬くなってしまう事で、腰から背中に向って着いている筋肉が縮み、肩甲骨を腰の方向にひっぱってしまっていたことが問題でした。

この引張られる力に対抗しようとして肩の筋肉はがんばってしまい、いつの間にか硬くなり、肩こりが発生して肩関節の動きを悪くしてしまって肩の関節の痛みを出してしまっていたのです。

整体で筋肉と骨格の調整をして腰や肩の筋肉のバランスを整えると・・・

『あ、肩を動かしても痛くないです!』

と喜んでもらえました。

今回のように、どこかに痛みがあってもその周辺に痛みの原因がないことはよくある話です。
なので当院では、部分にこだわらずに体全体を診て体全体のバランスを調整することがなにより大切だと考えています。

それでは今日も健やかにお過ごしください♪

【23日(月)の予約状況】
本日あと5名様(新規の方3名様)まで

ご予約はお電話にてお願いします♪

Tel 078-381-5635

※当日予約の場合、ご希望の時間に予約をお取りになるのは難しいと思われま す。なるべく前日までにご予約いただく事をお勧めいたします。
しかし、急な腰痛(ギックリ腰)やさっき足首を捻ったなどの急性症状にはなるべく対応いたします。
 
※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもお電話を取ることができませんので、必ず診療日、受付時間内にお電話くださいませ。

※予約の変更もなるべく前日までの受付時間内にお願い致します。
 皆様がスムーズに治療を受けられるようにご協力ください。

《ご予約受付時間》
【月火水金】10:00~21:00
【土】 10:00~15:00
【休診】 木、日、祝
となりますのでご注意ください。

TEL 078-381-5635