安全な消毒液『次亜塩素酸水』

昨今、新型コロナウイルス予防の観点から消毒用のアルコールが全国的に品薄状態で手に入りにくくなっています。

そこで注目を集めているのが安全な『次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)』です。

 

よく似た名前に『次亜塩素酸ナトリウム』というのもありますが、こちらはハイターなどに使われているものになります。

 

しかし使うにあたって注意が必要なのが『次亜塩素酸ナトリウム』となります。

 

次亜塩素酸水も次亜塩素ナトリウム水(ハイター系)もコロナウイルスにはどちらも有効ですが違いについて少し説明しておきます。

 

【次亜塩素酸が除菌力を持つ】

次亜塩素酸はとても強い消毒効果があります。

しかし、それ単体では安定性が悪いので作ったそばから分解し始めてしまいます。
そこで水や水酸化ナトリウムを加えることで安定させることができ保存することができるようになるのです。

 

主に物の消毒に向いているとされています。
手などでは菌やウイルスよりも皮脂に反応してしまって消毒効果が薄れるといわれています。

 

ですから手(皮膚)の消毒にはアルコールを使うことが厚生労働省からは推奨されています。

 

【次亜塩素酸水とは】

・中性~弱酸性で除菌力が強い(次亜塩素酸ナトリウム(ハイター系)の80倍の殺菌力)

・使用期間が短い。(原液で約一か月程度)

・人体にほぼ無害で食品添加物としても使われているので間違って口に入っても問題はない。

・手あかや皮脂があると殺菌効果が先に奪われるので殺菌効果が落ちる。
手の消毒よりもモノに対して使うことが推奨されている。
 

【次亜塩素ナトリウム水(いわゆるハイター系)とは】

・強アルカリ性で除菌力は十分ある。(直接さわるとヌルヌルするのは皮膚が解けるから)

・長期保存が可能。

・水酸化ナトリウム(ハイター系)は人体に有害なので換気や直接触らないなど使用の際は注意が必要。

 

【使い方】薄める、日光遮断、使用期限

①原液から希釈して使用します。
多くは5~10倍の水道水で薄めますが原液濃度によるのでメーカーの推奨を参照してください。

500mのペットボトルの5分の1くらい(青線)に原液を入れて

 

5倍の希釈になるように(赤線)水道水で薄めます。

 

②スプレーボトルで噴霧してふき取る
スプレーボトルで吹きかけてウエスでふき取るようにして消毒します。

③保存は冷暗所
次亜塩素酸水は日光に反応して質が変わってしまうものです。
できるだけ日光を避けるように保存します。

 

日光を避けるために色付きのボトルに入れることが勧められていますが、無い場合はアルミホイルを巻くことで代用できます。

 

【使用する上での注意点】

・保存できる期間が短いので保存法・使用期限を守る

・紫外線や高温に弱いので不透明なボトル(透明ボトルをアルミホイルで巻いても可)
に入れて冷暗所で保存

・原液を希釈した後は2週間ほどで使い切るように

・汚れを拭いてから使用する

 

 

【基本は手洗い】

使い方はとても簡単で人体にも害がほとんどないとの事で使い勝手のいいのが次亜塩素酸水です。

手の消毒には推奨されていませんが、手洗いをするだけでもウイルスの数はかなり減らすことができます。

 

厚生労働省の発表では、手洗いなしの残存ウイルス数(残存率)約1,000,000個に対して

 

・ハンドソープで10秒または30秒もみ洗い後、流水で15秒すすぐと、残存ウイルス数は0.01%(ウイルス数 数百個)

 

・ハンドソープで10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎを2回繰り返すと、残存ウイルス数は約0.0001%(ウイルス数 数個)

となります。

手の消毒には手洗いを基本にして仕上げにアルコールを使うことが厚生労働省から勧められています。

物の消毒には次亜塩素酸水を使ってアルコール消毒を節約していくことも今のアルコール消毒液不足を乗り切る方法のひとつと思います。

 

 

監修 鍼灸師 柔道整復師 樋渡聰介

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です